--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.03
Sun
ジェイン・オースティンの読書会 コレクターズ・エディション [DVD]ジェイン・オースティンの読書会 
コレクターズ・エディション [DVD]

(2011/02/23)
キャシー・ベイカー、マリア・ベロ 他

商品詳細を見る



体調不良で6日間も家でじっとしていなければいけなくて、
こういう時はやっぱり映画ですよ。
これも iTunesStore で買いました。タイトルにひかれて。
こんな映画があったこと全く知らなかったのですけど、
みなさんは知っていましたか??

ジェーン・オースティンの長編小説6冊を、
毎月一冊ずつ取り上げてみんなで意見を言い合い、
その本の登場人物にみんなのそれぞれの恋愛や家庭問題なんかが
重ね合わされるっていう内容です。
オースティン小説を全く知らないと、
読書会の時の会話がチンプンカンプンです。
私は「高慢と偏見(この映画では自負と偏見)」 「エマ」 「分別と多感」を
読んだことがあるけどいまいち解らなかった、、、

でも読んだか読んでいないかは置いといて、
登場人物の人間関係とか恋愛問題とか
そういう部分がすごく日常的で共感できて、
胸キュンなところもありで普通の大人の恋愛映画として見ても面白かったです。
見終わった後、あー文学っていいわーと思ってしまいました。
なんかすごく良い映画だったので、一日に2回も見ちゃったわ。

公式サイト






ところで、
海外のドラマや映画の中で、作家が本屋さんでお客さんの前で
読書会をやっているシーンをよくを見るけど
友達同士でも読書会なんてやるのね。
日本人だと照れくさくってできないですよねー。
普通の会話から本や映画の感想を語り合うことはあっても、
わざわざ「読書会」って集まってやることってないわ・・・。
でもやってみると意外と面白いのかも。


comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。