--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03.18
Sun
ヴィンセント・ムーンの A Take Away Show のビデオがとても好きなので
毎回楽しみにして見てます。
今週YouTubeから送られてきたビデオでこんなのがありまして、、、






ああすごく好みな音楽かも、、と思ってこの人のことを調べてみたら、
ゲイであるがために色々と苦悩を抱えて生きてきたようで、
それを歌にして吐き出しているのか、悲しいメロディばっかりで・・・
もうまるでAntony and the Johnsons じゃないか。
Grooveshark というストリーミングサイトで アルバム を全曲聴いてみたんだけど、
メロディが切なすぎてずしんと重かった・・・

でもこういう音楽嫌いじゃないのでついつい聴き入ってしまいます。
Antony and the Johnsons もそうだったし。

DOMMUNE に書かれてある Perfume Genius の記事 がすごく良かった!
2ページ目の下にある、一度YouTubeから削除されたというビデオを見たら
好き嫌いがはっきり分かれそうだけど、
こんな主張の仕方があってもいいんじゃないのかなーと思ったりします。
Suede の初期のビデオだってかなりきわどかったじゃん!





プット・ユア・バック・イントゥ・イットプット・ユア・バック・イントゥ・イット
(2012/02/15)
パフューム・ジーニアス

商品詳細を見る


LearningLearning
(2010/06/22)
Perfume Genius

商品詳細を見る




comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。