--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.14
Tue
昨日書いたゆりあげのお客さま
避難者検索で名取市内の施設に避難されていることが解かりました。
よかったー!ご無事でした。
何かしてあげられることがないかと、色々考え中。


この方の他にも、実家が流されてしまったとか、
親戚が未だ安否がわからないとかっていうお客さまが
数名いらっしゃいます。
もう何て励ましていいのか言葉になりませんでした。
ほんとにもう・・ため息しか出ませんけども、
私はこのことを絶対に忘れず元気に生活します。

comment 4
コメント
メリベルさん
3ヶ月経ってTVもネットも震災のニュースがだいぶ少なくなってきたので、必然的に震災のことから関心が減っていくと思うのです。でもあちらではまだまだ大変だし、それも何年も続くだろうと思うので、この震災と被災地の皆さまのことを忘れないで応援していきたいです。そのために私たちは元気に過ごさないとですよね~。ほんと、私たちは何も奪われていないので幸せですね。
ゆりあげって私のPCでは変換してくれないんですよ!でもきれいな名前ですよね。
ミコ | 2011.06.17 23:52 | 編集
本当ですね。”このことを絶対忘れずに元気に生活する”ミコさんの言葉が凄く心に響きました。
ゆりあげのゆりって難しい漢字で、最初読めませんでした。でも素敵な地名ですよね。

私たちは家があるだけで有り難いですよね‥。
メリベル | 2011.06.17 21:47 | 編集
ギネスさん
えー!津波のとき寝ていたの?怖かっただろうね・・・助かって本当によかったね。福島の叔父さんも辛いだろうね・・・。家はあるのに住めないなんて、ほんとばからしいよ!生き残ったペットたちもどうか幸せに暮らして欲しいって思う。私も直接お手伝いとか何もできないけど、何年も続けるつもりでフェリシモの義援金振込みに参加しているよ。今は何も手伝えなくても、いつか何か役に立てることがしたいね。うちの店、レジ横の義援金箱が5月いっぱいで終了になっちゃって、何でー?て感じだよ!
ミコ | 2011.06.16 02:18 | 編集
ダンナの親戚の人もしばらく連絡付かなかったんだけど盛岡の内陸だから大丈夫でしょうなんて言ってたら、実際には家の2階まで津波が来て避難所に避難していたよ。(ベッドで寝てたら背中がちゃぷちゃぷ濡れてきて気付いたらしい!!)私の親戚の叔父さんは福島原発から5kgのところに住んでたので、一時私達の家に来ていたし・・ほんと被害が大きくて多くの人に影響してるね。私は湘南にある被災犬のシェルターにお手伝いに行きたかったけども仕事もあるし・・とか考えちゃってまだ行けてない。何もできない自分に自己嫌悪だよー!
ギネス | 2011.06.15 11:35 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。