--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01.16
Sun
ずっと書きかけで放置していたもの、まとめてアップ。




JojoJojo Burger Tempest
(2010/10/12)
Working For A Nuclear Free City

商品詳細を見る

確か買ったのは11月のことだったと思うけど、
タワーに行ったらマイナーすぎるのか置いていなく、
iTunes Store では3,000円もする(18曲もあるからね)。
ならばアマゾンで買うかとアマゾンを覗いたところ、Amazon MP3と言うのがあって
iTunes Store と同じ曲数なのに1500円だよ!この倍の差は一体・・・?
で、迷わずこの Amazon MP3で買いました。
初めて利用したけど、専用のダウンローダーを使ってスムーズにDLできました。
いつから日本のアマゾンにもMP3ができたんだろ?

そしてこのアルバムですが、
ボーカルのボリュームを抑えたふわっと感に
バキバキのグルーヴとリズムを乗せるのはこのバンドの特徴なんだね。
1stに比べると、よりエレクトロ色が強くて実験的で
最後の曲なんて30分もある(だからiTunes では3,000円なんだな・・)。

文句なしにかっこいいのに、何で日本で話題にならないの?
というかイギリスでもそれ程人気が高いようでもなく、
NMEで検索してもたいしたニュースは出てこない・・・
日本のメジャーな音楽サイトでも見かけないし、
来日なんて今のところ有り得ない話だね。



“The Best Of”“The Best Of”
(2010/11/06)
スウェード

商品詳細を見る

二枚組みのベスト。
一枚目は新しいファンに、二枚目は昔からのファンに、ってことらしい。
バーナードもマスタリングに参加してるとのことで、
まだブレットとバーナードの交流が続いていることが嬉しいです!
このベストを聴いて、改めてブレ&バーニーは最強のコンビだったなと感じます。
当時あんまり仲良くなかったかもしれないけど、
二人が組んだからこそのあの毒気たっぷりの
世間に挑発するようなサウンドが生まれたのだと思う。
腫れ物に触るような、触ったら危ないけど、
でも放っておけないみたいな・・。
あの頃のブレットは今のクールな紳士顔のブレットからは
想像が付かないくらい危険な存在だったよね。

Suede のリユニオン、今年も続行とのこと。
是非ともSuede で来日を!!



GO LIVE -来日記念盤-完全生産限定盤GO LIVE -来日記念盤-完全生産限定盤
(2010/12/01)
ヨンシー

商品詳細を見る


ライブCDとライブDVDの二枚組で
日本では来日ライブ前に出たので来日記念盤てことになってます。

DVDはスタジオライブなんだけどこれがすごくいいです!!
色んな映像を細切れにつなぎ合わせていたり
インタビューを途中に挟んだりとか見ていて飽きさせない編集。
ヨンシー以外のバンドのメンバーのインタビューもあって、
微笑ましい話もあったりする。

ライブCDはオリジナルとはまた違ったアレンジが聴けるので
ライブを見ていない人にも楽しめると思います。
オリジナルアルバムに入ってない曲もあるし。
ああほんとに感動のライブだったなあ、、、
スポンサーサイト
comment 0
01.10
Mon
Jonsi @新木場スタジオコースト 12/04



い、いまごろ・・・もう一ヶ月も経ってるけど・・・
読んでくれる人いるのか・・・まいっか、知らん振りして書こう・・・

では、私、断言します。
今までいっぱいライブ見てきて、それぞれに楽しかったり感動したりしたけど、
このライブは感動の具合が桁外れでした。
正直、こんなにすごいライブを見たのは初めてです。本当に。

静かな曲から始まり、だんだんポップな曲に移っていき、
しだいに悲しみを抱えた激しい曲で終わる、みたいな構成でした。
特にすごかったのが最後にやった"Grow Till Tall"で、
曲が激しく(と言うか轟音)なるにつれて後ろの映像も強風から豪雨になり、
最後には音の洪水と大嵐の映像になり、これがまた凄まじく鳥肌ものでした。

Grow Till Tall


ビデオでは分かりづらいけど、最後のほうはものすごい轟音です。
ヨンシーの歌、声、パフォーマンスと、
バンドの音とスクリーンの映像が三位一体で迫ってくる迫力が
もう圧巻としか言いようがない。
そう、圧巻なんです、圧巻。すごいんです。

特に映像のアニメーションの役割が非常に高かったです。
音楽に合わせてちゃんと起承転結があって、
まるで物語を見ているかのようでした。
この映像だけでもかなり感動します。
喜びと悲しみ、希望と怒りみたいなものがはっきりと表現されたライブで、
映像チームはちゃんとヨンシーの音世界を理解してるんだなーと思いました。
流石です。

それとヨンシーのあのファルセットヴォイスはかなりの声量で
一息がとても長いです。
どの曲だったか忘れましたけど、最後にものっすごく長く声を出していて、
この人の肺活量はいったいどうなってるのか?と思いました。


チケットは早々にSold Out だっただけに、お客さんパンパンででした。
私は一階の後ろの少し高くなった所にいたんだけど、
ステージ全体が見渡せて、チビにはとても良い立ち位置でした。
表情までは見えなかったけど、ヨンシーの衣装は
赤いチェックのパッチワークのシャツに色々装飾がついたやつです。
後ろにいるアレックスが小っちゃくて可愛いかったです。

数年前に見たシガーロスのライブもものすごく感動しましたけど、
それ以上に感動してしまったライブでした。
やっぱりヨンシーってすごい。と改めて思いました。
comment 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。