--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.01
Mon


James Iha @ 渋谷クアトロ 2012.09.26
単独で来ると決まった時からずーっとずーっと楽しみにしていたんです。
前はなんとなく好き、だったのが今年に入ってちょー好き!になってしまったので、
初めて見るジェイムスはもうー素敵すぎてハートをわしづかみされまくりだったわ。
何でクアトロなんて狭いハコで?と思うくらいお客さんパンパンでしたよ。
私も含め、一人女子が多かったです。

1st からは Be Strong Now だけで、
あとはNewアルバムからとカバーがいくつかで、
なんと1時間くらいで終わってしまった。短すぎ!
そのせいなのか終わっても拍手鳴りやまず。
短いセットだったのにはちょっと残念だったけど、
ライブは本当に素晴らしくてジェイムスの人柄が伺える暖かいステージでした。
なんか、やっぱり彼はファンに愛されてるんだなーと思いました。

私はといえば、パンプキンズ時代のCDは2枚しか持ってないし、
ライブも見たことなかったし、特に熱心なファンでもなかったので
アンコールでやったパンプキンズの Mayonaise でウルウルする、
というのもなかったです。
でもでも、何か特別な思いで歌っているんだろうなというのは感じました。


とにかく、見れて良かった!良い夜だった!
大好きなアーティストのライブを初めて見れた時って、
本当に感動しちゃうね。
ジェイムス、良いパパになってくださいませ。




ラストでやった歌はボウイのカバーだったんだねー。
高音パートもすげー頑張って歌ってた!
かっこいい曲だったので一曲だけ買っちまったよ、へへ。





スポンサーサイト
comment 2
07.21
Sat
7/16 海の日
横浜アリーナでSuedeを見てきました。
Suede0716.jpg

ナノムゲンフェス、初めて行きましたがサマソニとかに比べて人も少なく、
室内なので冷房も効いてるし、快適に見れました。
(そんなフェスは初めてだ!)

アジカンファンのキッズたちにSuedeが受け入れられたのかどうか、
いまいちよくわかりませんが、
30~40代のSuedeファンがいっぱい来てたのか
ライブ中は大変盛り上がっておりました。
去年のサマソニほどではなかったかもだけど。

新曲が聴けるかと思ったけど、それは無しでがっかり。
でも毎回全力投球なブレットが再び見れて良かった~。
相変わらずの変てこダンスとマイクぶんぶん振り回しも見れたことだし、
もう大満足です。
二ールも無表情で頑張っていました。

来年、Newアルバムが出たらまた来てね。
フェスじゃなく単独でよ!


Suede意外はファウンテンズと80KIDZを見ました。
昔、vibeでファウンテンズのデニースが大量オンエアーされていたのを思い出します。
あの頃に比べたらメンバーおじさんになりましたなー。
80KIDZはまともに聴いたのは初めてだったけど意外に好きな感じでしたよ。
ああいうダンスチューンはクラブイベントで聴きたいです。


来週はフジですね~。
ローゼズ来ちゃうね~。
やっぱりチケット買えばよかったかなと今更後悔している私。
お金がね・・・と言いながら欲しい物いろいろ買っているこの矛盾はなんだ!
ジョンとレニはまだ一度も見ていないので会いたいです


comment 2
08.30
Tue
サマソニからもう2週間もたってしまったー、Suedeのレポ遅くなってごめんなさい!!
実は一週間くらい前に寝っ転がってiPhoneから書いていたら、
操作を誤って全部消してしまったの。
もう最後まで書き上げたくらいのところだったのでショックで書き直す気力がありませんでした・・・
なんかもう記憶が曖昧ですけど、読んでもらえたら嬉しいです。

11-08-30-1.jpg


セットリストはインペリアルレコードさんに出ていました。
【Suede】サマーソニック・セットリスト(8月14日 東京)公開
(タイトルが省略されてしまっている曲が3つほど・・・)

どうですか、この夢のような豪華セットリスト。
1曲目でいきなりThe Drownersでびっくりだよ。
3曲目のTrashでお客さん興奮して後ろからどどどーっと押し寄せてきたのが怖かったです。
その後もヒット曲オンパレードでイントロが流れるたびに「うおおおー」って気分で
アドレナリン噴水状態だったかもです。
個人的には1st 2nd 裏ベストからの曲が興奮度が増します。
しかしどの曲も何となく歌えてしまうので、カタカナ英語で一緒に歌っておきました。
私のもっとも好きな The 2 of us と My dark star がなかったのが残念だけど、
To the birds とか Pantomime horse とかはもうイントロでウルウルしちゃう。
MCはほとんどなく、息つく間もなく次から次にやるので
アンコール待ち時間にやっと一息ついたって感じでした。

ブレットはいつも黒かグレーのシャツが定番だったけど、
この日は珍しく白のシャツを着てましたよ。(白も素敵、似合う
後半はシャツのボタンほとんどはずしてました。
いつものように全力疾走というか妙なハイテンションで
飛ぶ踊るマイクぶんぶん振り回すのは相変わらずです。
時々ステージ下に下りてきて、フェンスのセキュリティー用の足掛けに乗って歌ってくれたりもしたので
結構近い距離でお顔を拝めました。顔ちっちゃいよねえ。
そしてあのスリムな体型を維持しているところが素晴らしいです。

他のメンバーはというと・・
マットがかっこいいです!おじさんになってからかっこよくなりました。
って前にも書いたような気もするが・・・
二ールは相変わらず美青年だったけど、あの無表情ぶりも相変わらずです。
ギター弾くときも手首しか動いてないし。
でもちゃんと仕事はこなしていたよ。頑張ったねニール。
サイモンは私の身長の都合で良く見えませんでした・・
リチャードも反対側にいたので良く見えなかったけど、
ブレットの振り回すマイクがぶつかりはしないかと気がきではありませんでしたが、
少し痩せて良かったねーと母親のような気持ちになりました。

11-08-30-2.jpg


約一時間のライブでしたが、こうしてちゃんと日本にも来てくれたことに
感謝します、ありがとうSuede!!
Suede再結成のツアーはこのサマソニで終了・・のはずだったけど、
ブレットがSuedeの新しいアルバムを出すと、この後発表してました。
まだSuedeとして力を発揮できるんじゃないかっていう手ごたえを感じたのかな。
そしたらきっとまた来日してくれるでしょう!
その日まで楽しみに待ちたいと思います。

comment 4
01.10
Mon
Jonsi @新木場スタジオコースト 12/04



い、いまごろ・・・もう一ヶ月も経ってるけど・・・
読んでくれる人いるのか・・・まいっか、知らん振りして書こう・・・

では、私、断言します。
今までいっぱいライブ見てきて、それぞれに楽しかったり感動したりしたけど、
このライブは感動の具合が桁外れでした。
正直、こんなにすごいライブを見たのは初めてです。本当に。

静かな曲から始まり、だんだんポップな曲に移っていき、
しだいに悲しみを抱えた激しい曲で終わる、みたいな構成でした。
特にすごかったのが最後にやった"Grow Till Tall"で、
曲が激しく(と言うか轟音)なるにつれて後ろの映像も強風から豪雨になり、
最後には音の洪水と大嵐の映像になり、これがまた凄まじく鳥肌ものでした。

Grow Till Tall


ビデオでは分かりづらいけど、最後のほうはものすごい轟音です。
ヨンシーの歌、声、パフォーマンスと、
バンドの音とスクリーンの映像が三位一体で迫ってくる迫力が
もう圧巻としか言いようがない。
そう、圧巻なんです、圧巻。すごいんです。

特に映像のアニメーションの役割が非常に高かったです。
音楽に合わせてちゃんと起承転結があって、
まるで物語を見ているかのようでした。
この映像だけでもかなり感動します。
喜びと悲しみ、希望と怒りみたいなものがはっきりと表現されたライブで、
映像チームはちゃんとヨンシーの音世界を理解してるんだなーと思いました。
流石です。

それとヨンシーのあのファルセットヴォイスはかなりの声量で
一息がとても長いです。
どの曲だったか忘れましたけど、最後にものっすごく長く声を出していて、
この人の肺活量はいったいどうなってるのか?と思いました。


チケットは早々にSold Out だっただけに、お客さんパンパンででした。
私は一階の後ろの少し高くなった所にいたんだけど、
ステージ全体が見渡せて、チビにはとても良い立ち位置でした。
表情までは見えなかったけど、ヨンシーの衣装は
赤いチェックのパッチワークのシャツに色々装飾がついたやつです。
後ろにいるアレックスが小っちゃくて可愛いかったです。

数年前に見たシガーロスのライブもものすごく感動しましたけど、
それ以上に感動してしまったライブでした。
やっぱりヨンシーってすごい。と改めて思いました。
comment 0
10.27
Wed
さぼっていた間に、みたものいくつか。



8.25 カール・ハイド展 @ラフォーレ原宿

アンダーワールドのカールが描いたアート展。
初日はカールのライブペインティングかあるというので
猛暑の中、張り切って行ってみた。
カール、いたよ。
グンゼのアンダーウェアみたいな白TにGパン、定番アディダスで
小屋にはしご掛けてペイントしてました。
あんなに近くで本人を見たのは初めてですが、
歌ってない時の彼は普通のイギリスのおじさんですな。
そこがまたかわいかったけど

展示されていたアートも実に興味深く
どんな風にして描いたんだろーと思いながら
近くでジーッと見入ったりしてました。
このアート展は楽しかったです。
日本でやってくれてありがとう!




10.06 ブレット・アンダーソン @duo

急遽来日が決定してびっくりでした。
前回のアコースティックライブと違い、バンド引き連れての来日。
は~やっぱり彼はフロントマンです。絶対に。
もうかっこよすぎて見とれちゃいました。
Suede の曲は一切やらず、全てソロ曲っていうところに
ブレットの潔さを感じました。
来年出るであろうソロ4thに入っていると思われる新曲が、
これまた勢いのあるロックな感じで良かったです。
Suede での来日も期待されるところですが、
とりあえずブレットが見れて幸せー。

これは新曲


*ゴールドに輝くでっかい結婚指輪、ほんとうにしていた・・
嫉妬、嫉妬、嫉妬・・・・

*ライブ終わって熱狂的ファンがセットリストをもらうべく
ステージ前に群がっていましたが、
スタッフが投げたセットリストの紙切れを奪ったのはいかつい大男(だったような)。
それも女子から奪うような感じでゲットしてました。
あれはみっともなかった。女子に譲りなよって思いました。


10.06 Underworld @Zepp Tokyo

アリーナクラスの大物がなぜライブハウスで?
東京はチケット争奪戦になったもよう。
取れてよかった!(友達ありがとう!)
アンダーワールドのライブ、毎回楽しすぎる!
もう前の方で見る気にはなれませんけど、
初めての2階いす席でストレスフリーで見れました。
1階にいる元気な若者のノリ具合を見るのも楽しかったです。
とにかくお客さんの反応がいちいちデカイ!!
あれはやってるほうも気持ちいいでしょうね。
やっぱりアンダーワールドはすごい!って改めて感じました。
カール、50過ぎには全く見えないパワー全開な姿が
またかわいらしかったです、へへ


以上、みたものザックリ感想でした。
comment 0
04.11
Sun
4月に入り個人的にイベント週間でした。3つしかないけど・・

1、The Album Leaf のライブ 4/2 渋谷AX
ジミーって、ジミーって、やっぱりいい人に違いない!
と再認識したうっとりウルウルな夜でした。
古い曲と新しい曲をうまく織り交ぜて、
シンプルなステージセットとバックスクリーンの映像で
温かい雰囲気がもりもり。
赤いマニキュアの手が出てくるビデオは前に見たときも使ってた。
東京公演の2~3日前に
東京のショーでストリングカルテットを手伝ってくれる人がいたらメールちょうだい!
とつぶやきに書き込んでいたので、ストリングスは東京で至急手配したんでしょうか、
日本人ぽかった気がします。
ああやっぱりジミーは私の救世主。見に行ってよかった。


2、Jamie Cullum のライブ 4/8 Zepp Tokyo
楽しかったー面白かったーかわいかったーピアノ上手かったー
なんかこの人は思い切りエンターテイナーですなーーー!
お客さん盛り上げるのがすごく上手い。
こんな楽しいライブは久々でした。
そして女子ファンが多いみたいでキャーキャー言われてました。
歳とるごとにジャズへの興味が深くなっていく今日この頃。
もっと色々聴きたいと思いました。
が、相変わらず詳しくはない。

3、Stars on Ice 4/9 代々木体育館
あ、これ音楽じゃないな。アイスショーです。
まあ皆さんほんとにきれいでうっとりでした。
とくにアイスダンスのカナダのバチュー、可愛すぎでしょう!
あと、カート・ブラウニング、面白すぎでしょう!
一緒に行った友達が大変気に入ってました、このおじさんのこと。
でもおじさんになっても現役時代を思い出す、
キレのあるジャンプで凄かったです。
最後に出てきた真央ちゃんも本当に可愛かった!
それぞれの選手のオリンピックでの演技が見れて良かったです。
しかし、チケット代16,000円も出したのに、
肉眼では顔が全くわからない遠い席でした・・・
これからは大きな会場のアイスショーに行くのはやめよう。
と友達と反省会をして帰ってきた次第です・・ 
comment 2
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。